読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気で挑めば勝てるのよ

セクシーキャットになりたかった鬱1年生の成長日記

心理検査のお話①〜予約編〜

うつ病

先日、心理カウンセリングセンターでの面接を受けてきました。
昔から人付き合いに悩むことが多く、私は他の人と比べて感覚がズレているんだろうなと感じていました。
独特な感性を持っていても、自分がそれとうまく付き合って強みにしていければいいのですが、私はどうもトラブルメーカーになってしまったり、必要以上に悩んで自分から人を避けてしまったりと、自分の特徴を持て余してきました。
そこで、抑鬱状態と診断されどん底に落ちたこの機会に、自分の特性や思考の傾向を知りたいと思い主治医の許可を得て心理検査を申し込んだのです。
心理検査に興味がある人の参考になれば、と思い私のケースを書き留めておこうと思います。


心理検査を受けるために、まずは主治医に指定された心理センターに面接の申し込みをしました。
電話をかける前は
心理センターってなかなか予約が取れなさそう…。数ヶ月待ちもざらだと聞くし…
などと不安になっていましたが、幸い1週間後の予約を取ることができました。
電話では
・現在の状況
・この心理センターを知った経緯
・どんな相談をしたいのか
・どこの医療機関にかかっているのか
などを聞かれました。
相手の方はとても親身になって話を聞いてくださり
こちらの状況にも最大限配慮していただき、それだけで気持ちが楽になりました。
受付を担当される方も、悩みを抱えた人からの電話には慣れていると思うので
あまり気負わずありのままを話せば大丈夫、きっと。
また、初回に主治医からの紹介状を持って来るように言われました。
できれば予約の電話をかける前に、いつも診てくださっている先生に相談をし、
紹介状を書いていただけるかどうか聞いておくと話が早いと思います。


思い出しながら文章を書いていたらなんだか頭が疲れてしまいました。
これも病気のせいなんでしょうか。
去年は論文も書けていたのに…悔しい。
頭がショートしてしまいそうなので今日はここまで。
後日初回面接編を書きます。